退職者の声

voice
01

”他の施設にチャレンジしました”

2012年退社 Aさん

新卒でマイライフ徳丸に入職し、特養の介護職員として6年勤めました。中堅職員となり、マイライフ徳丸での立場も上がっていきました。ただ、新卒でひとつの職場でやってきて、新たな場所で自分を試したいという気持ちになりました。自分のステップアップの為、長年親しんだ職場ではありましたが、退職を決意しました。

―マイライフ徳丸より
 お話いただき、ありがとうございます。当法人は1施設に7事業を運営しております。それは強みと思っており、家庭の事情や、生活環境の変化によっては事業所異動も相談しています。他の事業所にもチャレンジしたいという願望、もちろん軽い気持ちでないことや異動先事業所の人員にもよりますが、異動の相談をさせていただくことも可能です。  ただ、全くの新天地での挑戦を考えた時は、法人として応援させていただきます。ぜひ力を十全に発揮してもらいたいです。その為にマイライフ徳丸でどこに行っても、対応できる力を身に着けていただければと思います。

「2012年退社 Aさん」イメージ
02

”遠方からの勤務が大変でした”

2016年退社 Bさん

元々はマイライフ徳丸から自転車で通っていました。しかし結婚を機に、遠方に引っ越し、片道1時間半通勤にかかるようになりました。早番の時などは、ほぼ始発での出勤。それでも1年以上勤続出来ましたが、体力的にキツさを感じて、家族と相談した結果、退職しました。

―マイライフ徳丸より
 Bさんお話ありがとうございます。確かにシフト制の不規則勤務では、通勤の距離というものがとても重要なポイントです。早番は朝7時からの勤務。遅番は20時の勤務終了。遠方だとどうしても体力的な負担につながると思います。近くの住居にて住まれることが、安定した就労につながると思います。  マイライフ徳丸では新入職者向けに借り上げ住宅制度がございます。単身者の方向けの制度ですが、遠方より上京する方など、安心して就労できる環境を、今後も作っていきたいと考えております。

「遠方からの勤務が大変でした」イメージ
03

”ケアの仕方が自分に合いませんでした”

2015年退社 Cさん

特養ではひとつのフロアで約40人のご利用者がいます。その方々をケアしていくことはとても大変でした。特にキツかったのが、トランスファ技術です。正直力任せのやり方でご利用者をベッドから車いすに移乗していました。ご利用者の方には負担がなかったのかもしれませんが、その前時代的な手法は自分には合わなく、退職しました。

―マイライフ徳丸より
正直にお話いただき、ありがとうございます。マイライフ徳丸は平成15年に開設し、確かにケアによっては、以前より行っている手法が当たりまえのように残っている部分もあると思います。それは我々も危機感に感じており、また職員の負担にもつながっていると考えております。平成29年度より、外部アドバイザーを入れた取り組みを開始しました。平成29年度の内容はまさにトランスファ技術の向上。福祉用具を効果的に使ったトランスファで、ご利用者はもちろん、職員にも負担がかからないトランスファの習得を目指しました。  今後も様々な分野で活躍している講師をアドバイザーとして契約し、ご利用者・職員ともに幸せになれる職場環境を作って参りたいです。

「2015年退社 Cさん」イメージ